« ダイナム宮城仙台新港店が景品をボランティアセンターに寄贈しました。 | メイン | ダイナム名寄店が景品を社会福祉協議会に寄贈しました。 »

2012年10月15日 (月)

ダイナムは、被災地の復旧活動を継続しています。今年度10回目の団体ボランティアに参加しました。

◆活動日:9月22日(土)・9月23日(日)

◆活動場所:宮城県七ヶ浜町復興支援ボランティアセンター
◆参加人数6名
 
 
9月22日(土)と9月23日(日)に被災地支援の一環として、宮城県宮城郡七ヶ浜町にてボランティア活動に参加しました。
 
●9月22日●
「湊浜公民分館」と「汐見台春公園集会所」で地域住民の方々に集まっていただき、『タオル人形づくり』を実施しました。
作業ボランティアと異なり、地域の方々がコミュニケーションをとるきっかけを目的にしています。
当日は、彼岸の中日にもかかわらず多くの方々に参加していただきました。
初めてつくるタオル人形に四苦八苦しながらも、地域の方々とダイナム従業員がいろいろな会話をしながらコミュニケーションを深めていきました。
 
0922_ 0922__2
 
●9月23日●
阿川地区の田んぼ漂流物拾い作業をダイナム従業員6名を含め、約170名でおこないました。
当日は、雨が降り出す前に作業を終えることを目標に、ボランティア参加者の大多数が田んぼの作業を行い、人海戦術で田んぼに残っている漂流物拾いをおこないました。
途中から雨が降り始め、ぬかるみがひどくなる田んぼで、少しでも広い範囲で漂流物を拾うために参加者全員が一丸となって活動しました。悪条件の中、予定していた範囲を終わらせることができました。
 
0923_
 
0922__3
 
sunボランティア参加者の声
「いままでの作業ボランティアとは全然違うけど、人形をつくりながらいろいろ話ができてよかったと思います。」
「タオルでお人形をつくったの初めて。 楽しかったし、また一緒につくってほしいな。この大きなタオル人形(くま)、またつくってね。」
「ときどきHPを見てるよ。本当にいろいろなボランティアをしていて感心する。」
 
impactボランティアセンター職員より
「仮設住宅に注目が集まっていますが、自宅で生活を続けている住民の方々も被災者で、その人たちにもコミュニケーションをとるきっかけが必要なんです。だから、『自分たちが忘れられていない』と感じられる催しをしていただけることは本当にありがたく、感謝しています。」
 
 
ダイナムグループでは、今後も引き続き地域復興に向け、取り組みを行ってまいります。
熊本地震復興応援ブログ

2016年4月27日~

2016年4月27日より公開した熊本地震における復興支援活動については、上記バナーよりご覧になれます。

震災ブログ

2011年3月30日~2012年4月24日

2011年3月30日~2012年4月24日 に公開した東日本大震災における復興支援活動については、上記バナーよりご覧になれます。

DYJHのホームページ

ダイナムのホームページ

ダイナム公式Facebook

ダイナム公式Facebook    (新卒採用ページ)

モーリーズサイト